<< クローブの効果効能 | main | コリアンダー(パクチー)の効果効能 >>

コショウの効果効能

2011.06.09 Thursday
0

    世界中で使われているスパイス!中世には同重量の銀と交換されるほどの価値だった。

    和名 :コショウ
    学名 :Piper nigrum
    科属名 :コショウ科コショウ属
    原産地 :インド南西部
    作用例 :消化促進 殺菌作用
    有効成分 :ピペリン β-カリオフィレン δ-3-カレン リモネン α-ピネン β- ピネン
    利用部位 :果実 種子
    栽培 :高さ10メートルに達する常緑のつる性植物。
    食品 :刺激のある黒コショウは肉料理やスープ、サラダ、などのアクセントに。
    マイルドな白コショウは魚料理やグラタン、ホワイトシチューなどに。様々な料理によく合います。

    効果効能 :黒(完熟後に発酵させ乾燥)、白(完熟後に皮をむき乾燥)、緑(完熟前に熱処理乾燥)はいずれも同種。赤(ピンクペッパー)はコショウの完熟した実も出回ってはいるが、ウルシ科のコショウボクやバラ科のセイヨウナナカマドの実。古くから世界中の食生活にも薬用としても用いられてきた。主に、食欲増進や胃健作用、殺菌作用の他、利尿作用、鎮痛作用、腹部膨満にも有効。血流量を増大させ、体を温める作用があります。外用時、皮膚への刺激が強いので注意。







    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ