<< クチナシ(サンシン)の効果効能 | main | コショウの効果効能 >>

クローブの効果効能

2011.06.09 Thursday
0

    乾燥させたつぼみをそのままかむと、強い刺激があり舌がしびれます。

    和名 :丁字(チョウジ) 丁香(チョウコウ)
    学名 :Syzygium aromaticum
    科属名 :フトモモ科フトモモ属
    原産地 :モルッカ諸島(インドネシア)
    作用例 :麻酔作用 消化促進 体を温める
    有効成分 :オイゲノール カリオレフィン メチルサリシレイト ピネン ケトン バニリン
    利用部位 :蕾(つぼみ)
    栽培 :常緑樹。熱帯地方で栽培。高温でないと育ちません。 ハーブティ、スープや煮込み料理、
    ミートソースやハンバーグなど肉の臭み消し、お菓子などの香り付けに。いずれも少量を用いること。
    効果効能 :クローブの名は、形状が釘に似ているためフランス語のclou(釘)に由来。鎮痛・鎮静作用、麻酔作用、殺菌作用があり、歯医者さんの局所麻酔に使われてきました。煮込み料理に加えると、香り付けだけでなく防腐作用もありますが、間違って蕾をかむと舌がしびれるので、食べる前に取り出した方がよい。健胃作用、整腸作用、体を温める作用あり。
     






    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ