<< レモングラスの効果効能 | main | ローズの効果効能 >>

レモンバーム(メリッサ)の効果効能

2011.06.01 Wednesday
0

    神経の緊張緩和に。バーム(balm)とは苦痛を和らげるの意。

    学名 :Melissa officinalis
    科属名 :シソ科セイヨウヤマハッカ属
    原産地 :ヨーロッパ南部
    作用例 :発汗促進 神経衰弱改善
    有効成分 :ゲラニアール ネラール シトラール シトロネラール
    利用部位 :葉
    栽培 :生育旺盛。日当たりの良い場所を好む。冬は寒さに当てた方が良い。
    種(春)か挿し芽・株分け(春、秋)で増やす。肥料や水が不足すると、葉が小さく堅くなり香りもおちる。
    食品 :ハーブティー、ドレッシング・ソース・飲料・お菓子などの香り付け。魚料理やお菓子の飾りに。

    効果効能 :乾燥させると香りや成分が失われるので、葉を保存する時は冷凍がよい。リラックス作用、健胃作用あり。発汗作用があるので風邪に効果あり。抗真菌作用、抗ウイルス作用によりヘルペスなど疱疹の治療に有効。







    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ