<< リコリスの効果効能 | main | レモングラスの効果効能 >>

レモンの効果効能

2011.06.01 Wednesday
0

    リフレッシュできる香り。高い殺菌力を持ちます。

    学名 :Citrus limon
    科属名 :ミカン科ミカン属
    原産地 :インド東部 ミャンマー 中国
    作用例 :殺菌消毒作用 消化器系トラブル改善
    有効成分 :リモネン β-ピネン γ-テルピネン
    利用部位 :果皮
    栽培 :温暖で乾燥気味の場所を好む。寒さに弱い。接ぎ木、挿し木、種子で増やす。
    食品 :食べ物飲み物の香味付け 果実は絞ってジッパーつきポリ袋などにうすく平らにのばし入れて冷凍し、折って使うとよい。

    効果効能 :結核菌を不活性化させるほどの殺菌力。昔からのシーフードにレモン汁をかける習慣は殺菌力と関係があるようです。種子に含まれる成分は腸内のセン虫対処に用いられる。部屋に精油を拡散させることで、集中力がアップすると同時に空気の殺菌消毒も期待できる。消化器官を強壮、血液サラサラ、体の酸を中和させアルカリ性にする効果がり、生活習慣病の予防に役立ちます。その他、止血作用、収斂作用など。死んだ細胞を取り除く作用があるので、くすみ・しわに。肌に使用したときは日光に当たらないこと。多量に用いると肌や粘膜を刺激するので注意。







    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ