<< 韓国エステでも注目のヨモギ蒸しを簡単に体験できる『よもぎホットシート』 | main | レモンの効果効能 >>

リコリスの効果効能

2011.06.01 Wednesday
0

    甘さは砂糖の数十倍!薬草として3000年を超える歴史をもつ植物。

    和名 :カンゾウ(甘草)
    学名 :Glycyrrhiza glabra
    科属名 :マメ科カンゾウ属
    原産地 :ヨーロッパ〜中国
    作用例 :抗炎症 抗潰瘍 緩下
    有効成分 :グリチルリチン
    利用部位 :根
    栽培 :耐寒性多年草。家庭で栽培されることはほとんどなく、温暖な地域で商業栽培されています。
    日当たりがよく、肥沃な湿り気のある場所を好む。株分け、種子で増やす。地下茎の生育が旺盛なので、
    地植えの場合は地下50センチくらいまでの隔壁を設けるとよい。
    食品 :ハーブティ 甘味料 調味料

    効果効能 :抗炎症作用により、気管支炎や消化器炎、口内炎などに効果あり。現在でも風邪薬や胃薬の原料として使用されています。緩下作用により便秘解消に効果あり。抗腫瘍作用により胃潰瘍に効果あり。ホルモン様作用があり、更年期障害緩和や骨粗しょう症予防に有効。その他、肝臓の解毒作用や抗ウイルス作用など。ヒガンバナ科のリコリス属(Lycoris)は有毒なので混同しないこと。妊娠中、高血圧の人は使用を避ける。肝臓や腎臓疾患、心臓病の薬との相互作用にも注意が必要。







    |-|comments(0)trackbacks(2)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2011/06/02 7:20 AM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2011/06/02 8:41 PM
     

    ページの先頭へ