<< ユーカリの効果効能 | main | アソコにあてるだけ。ヨモギ蒸し座浴より手軽! >>

ラベンダーの効果効能

2011.05.30 Monday
0

    初心者にも使いやすい万能ハーブ。

    学名 :Lavandula officinalis
    科属名 :シソ科 地中海沿岸〜アフリカ北部
    作用例 :鎮静 鎮痙 殺菌
    有効成分 :酢酸リナリル リナロール β-カリオフィレン テルピネン-4-オール クマリン類
    利用部位 :花
    栽培 :種子から育てるのは難しいので挿し木で増やす。種をまく場合は春か秋。
    日当たりがよく、水はけのよい乾燥した場所を好む。
    食品 :ハーブティー、ジャム、ハーブビネガー、

    効果効能 :用途が広く、副作用や薬との相互作用も知られていないので、初心者に最も使いやすいハーブです。リラックス効果が高く、心が疲れた時や躁うつに効果あり。学名Lavandulaには洗うという意味が含まれ、古くから入浴剤としても使われてきました。肌のトラブル(日焼け、軽い火傷、湿疹、にきび、等)に効果あり。おりものが気になる方はハーブティでの膣洗浄もよいでしょう。強い殺菌作用により、中世ヨーロッパでペストが流行した時、ラベンダー畑で働いていた人は感染を免れたといわれています。その他、鎮痛作用による頭痛や歯痛緩和、虫刺され、咽頭炎や気管支炎などの呼吸器系のトラブル、様々な症状に役立ちます。







    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ