<< マリーゴールド(カレンデュラ)の効果効能 | main | マンダリの効果効能 >>

マロウ(コモンマロウ)の効果効能

2011.05.30 Monday
0

    喉や胃の粘膜に優しいハーブティーに癒されましょう。

    和名 :ウスベニアオイ(コモンマロウ)
    学名 :Malva sylvestris
    科属名 :アオイ科ゼニアオイ属
    原産地 :ヨーロッパ
    作用例 :消炎作用 鎮静作用
    利用部位 :花 葉
    栽培 :日当たりがよく、湿り気のある場所を好む。種子、挿し芽で増やす。
    株元近くの脇芽を挿し芽するとよい。毎年早春に地上部・地下部を剪定し、株を若返らせるとよい。
    食品 :花や若葉をハーブティーに。乾燥花で鮮やかな青紫色のティーになり、
    そこにレモンを絞るとピンク色に変わります。 若葉をサラダやスープ、おひたし、炒め物に

    効果効能 :消炎作用により、胃炎や腸炎、喉の痛みや口内炎、咽頭炎、気管支炎などに効果あり。外用で結膜炎、皮膚炎に効果あり。その他、利尿作用、鎮静作用など。







    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ