<< マージョラム(スイートマジョラム)の効果効能 | main | マロウ(コモンマロウ)の効果効能 >>

マリーゴールド(カレンデュラ)の効果効能

2011.05.30 Monday
0

    古代ローマ時代から花や葉が料理に使われていました。

    別名 :ポットマリーゴールド ※ポット(pot)とは食用にできる山菜あるいは野草の意。
    和名 :キンセンカ
    学名 :Calendula officinalis
    科属名 :キク科キンセンカ属
    原産地 :ヨーロッパ南部
    作用例 :消炎作用 殺菌作用
    利用部位 :花 若葉
    栽培 :一年草。日当たりと水はけの良い場所を好む。比較的育てやすい。
    春に種で増やす。開花前に摘心すると花数が増える。花がらを残さない方が花数が増える。
    乾燥はハダニ、窒素過多はうどんこ病の原因になるので注意。
    食品 :ハーブティー 若葉をサラダやスープに 花はサフランの代用品とされ、
    スープやソース、オムレツ、チーズなどの色つけに

    効果効能 :消炎・殺菌作用、治癒促進作用により、傷や日焼け、ニキビやイボなど肌トラブルに効果あり。肌のトラブル以外にも、治癒促進作用は全身にはたらき、消化器やリンパのむくみ、髪の痛みなどにも有効。妊娠中は使用を避ける。フレンチマリーゴールド(Tagetes patula クジャクソウ)は別種。←根の分泌液で土中のセンチュウ駆除、葉のニオイは害虫が嫌う。







    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ