<< ボリジ(スターフラワー)の効果効能 | main | マージョラム(スイートマジョラム)の効果効能 >>

マーシュマロウの効果効能

2011.05.30 Monday
0

    その名のとおり、根からお菓子のマシュマロが作られていました。

    和名 :ウスベニタチアオイ
    学名 :Althaea officinalis
    科属名 :アオイ科ビロードアオイ属
    原産地 :ヨーロッパ
    作用例 :消炎作用 鎮静作用
    利用部位 :根 葉
    栽培 :日当たりがよく、湿り気のある場所を好む。種子、株分けで増やす。
    食品 :根からとれる粘液成分でお菓子のマシュマロマロが作られていました。
    根を煎じてティーに 花をサラダに 若葉をサラダやスープ、おひたし、炒め物に

    効果効能 :消炎作用により、胃炎や腸炎、喉の痛みや口内炎、咽頭炎、気管支炎などに効果あり。外用で結膜炎、皮膚炎に効果あり。その他、利尿作用、鎮静作用など。マロウの中で最も薬効が高いとされています。







    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ