<< パチュリの効果効能 | main | フェンネル(スイートフェンネル)の効果効能 >>

ヒソップの効果効能

2011.05.29 Sunday
0

    花期が長く、紫のほか白やピンクなど、育てるのが楽しいハーブです。

    和名 :ヤナギハッカ
    学名 :Hyssopus officinalis
    科属名 :シソ科ヤナギハッカ属
    原産地 :ヨーロッパ南部〜アジア西部
    作用例 :抗ウイルス作用 鎮痙作用 去痰作用
    有効成分 :マルビイン
    利用部位 :地上部
    栽培 :日当たりの良い場所を好む。種子、挿し木で増やす。高温多湿に弱りやすいので、
    梅雨時期などは密生した部分をすくように刈り取るとよい。乾燥気味に育てる。
    食品 :ハーブティー 花と葉を刻んで肉料理、豆料理など煮込み料理に 
    少量の刻んだ葉をサラダやスープに プラムやアンズと合うのでフルーツパイに

    効果効能 :呼吸器系の感染症に効果あり。古くから風邪や気管支炎、たんが絡む時などに使われてきました。血圧を正常にする作用があり、立ちくらみや一時的なめまいに効果あり。外用すれば軽い火傷や打撲、抗ウイルス作用によりヘルペスにも有効。妊娠中の使用や多量使用は避ける。







    |-|comments(0)trackbacks(0)|-|-|by e-item
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    ページの先頭へ